先頭へ戻る
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ
アップライフデザイン アップライフデザイン

北海道・小樽の家(本函の家)新築設計


 北海道・小樽に建つ小さな家を設計させていただきました。
 クライアントは実家の裏に土地を購入され、東京でのサラリーマン生活をリタイアした後、
 故郷での晴耕雨読のセカンドライフを思い描きました。
 この家はそんなセカンドライフの夢を実現するために建てられたものです。

20190816Ksamatei_a02.JPG

 建築概要

 建築場所  :北海道小樽市桂岡町
 敷地面積  :288.38㎡
 都市計画区域:市街化区域
 防火地域  :指定なし
 その他   :法22条地域、下水道処理区域、最高高さ10m、宅地造成区域内
 用途地域  :第一種低層住居専用地域
 構造    :木造在来軸組工法
 階数    :2階建て
 建築面積  :48.44㎡
 延べ面積  :78.83㎡ 1階床面積:45.95㎡ 2階床面積:32.88㎡
 長期優良住宅:小樽市認定・第9号(平成30年6月13日)
 省エネ性能 :UA値:0.28 W/㎡K 
        C値(相当隙間面積):0.3㎠/㎡(次世代省エネ基準(北海道)2㎠/㎡)

 ■ 外部仕上げ
 屋根:アスファルトシングル葺き
 外壁:杉板張り(2階縦張り、1階横張り) ノンロット(木材保護塗料)着色
 開口:玄関ドア 木製断熱玄関ドア
 サッシ  高性能トリプルガラス樹脂窓
 ■ 内部仕上げ
 床 :ニレ無垢フローリングt15㎜
 壁 :ニューハミルトンウォール(石灰石を原材料とした塗壁材)
 天井:針葉樹合板表し
 ■ 設備
 換気:第一種換気(熱交換気システム)
 暖房:温水セントラル暖房(ピーエス)熱源LPG

 「超」高齢化社会がやってきています。多くの人が長い第二の人生を過ごすことになります。
 第二の人生の生き方、暮らし方をデザインする時代だと思います。
 この家は、リタイア後の暮らしをイメージしながら東京で設計が進められました。
 そして、北海道のビルダーとの連携作業によって、現地の暮らしにマッチする住宅へとアップグレードさせていきました。
 彼らが培ってきた現地ならではの優秀なスペックを設計に織り込めたからこそできた家だと思います。
 高気密・高断熱・全館暖房により、北海道の冬の厳しい環境でも暖かい室内環境を保っています。
 小樽市の長期優良住宅の認定も取得しています。
 第二の人生を故郷で暮らしたいと考える人たちにとって、こうした遠距離連携による住まいづくりが、一つの効果的な手法になるのではないかと考えています。

 完成写真

20190816Ksamatei_a01.JPG 20190816Ksamatei_a03.JPG
南側外観。建物の北側が実家 外壁は杉板張り。右は菜園になっている
20190816Ksamatei_a04.JPG 20190816Ksamatei_a05.JPG
敷地は北傾斜のひな壇になっていて、その方向に石狩湾が望める 屋根はアスファルトシングル葺き。断熱はスタイロフォームを用いた外張り断熱を採用
20190816Ksamatei_a06.JPG 20190816Ksamatei_a07.JPG
北東側外観 北側外観。実家側から見る
20190816Ksamatei_a10.JPG 20190816Ksamatei_a11.JPG
玄関ホールからリビングを見る キッチンからリビングを見る
20190816Ksamatei_a12.JPG 20190816Ksamatei_a13.JPG
吹抜階段と本棚 階段に腰を下ろして本を読むことができる
20190816Ksamatei_a14.JPG 20190816Ksamatei_a15.JPG
吹抜。階段を上がった先が書斎 吹抜。右手はキッチン
20190816Ksamatei_a16.JPG 20190816Ksamatei_a17.JPG
ベッドルームから吹抜けを見る 2階書斎。窓からは石狩湾が望める
20190816Ksamatei_a18.JPG 20190816Ksamatei_a19.JPG
2階から吹抜を見下ろす 吹抜の高窓。階段に腰掛けると流れていく雲の様子が見える
20190816Ksamatei_a20.JPG 20190816Ksamatei_a21.JPG
吹抜上部 2階ゲストルーム

 この家のデザインのポイントになったのは、
 ①生まれ育った土地の香りを日常生活の中で感じられるようにしたい。
 →北海道の木を使った「木の家」にすることは当初から決まっていました。
 木の肌合いや色合いを考えながら、どこにどういう木を使うのか(張り方、張る方向など)をいろいろ検討しました。
 ②若い頃からいつか読もうと蒐集してきた蔵書を見える形で建築の中に取り込みたい。
 →吹抜階段の脇に本棚を設置し、本そのものがインテリアになると同時にどこでも自然に読書ができるようにしました。
 階段に座って本を開くと吹抜の高窓から雲の流れる様子が感じとれます。
 ③この家は建物と畑が一体となってはじめて完成形。そんな配置計画にしたい。
 →建物と畑の間にあるウッドデッキは、畑の様子を見ながら読書を楽しむ場、収穫したものを味わう場としました。

 施工前・施工中の写真

20190816Ksamatei_b01.jpg 20190816Ksamatei_b02.jpg 20190816Ksamatei_u01.jpg
施工前。2017年12月 水盛遣り方。2018年6月 基礎工事
20190816Ksamatei_u02.jpg 20190816Ksamatei_u03.jpg 20190816Ksamatei_u04.jpg
建て方。2018年7月 屋根断熱工事 外壁下地。OSB張り
20190816Ksamatei_u05.jpg 20190816Ksamatei_u06.jpg 20190816Ksamatei_u08.jpg
外壁断熱工事 外壁透湿防水シート張り 内部。付加断熱としてGW16K100㎜を充填している
20190816Ksamatei_u08.jpg 20190816Ksamatei_u09.jpg 20190816Ksamatei_u11.jpg
内部。2階吹抜部分 外壁張り 建物完成後に気密試験を行った


  • アップライフデザイン 練馬 リフォーム リノベーション 快適な住まい 耐震 専門家 大地震 解決 安心 安全
  • アップライフデザイン 練馬 リフォーム リノベーション 快適な住まい 断熱 安心 安全
  • 練馬 リフォーム リノベーション 快適な住まい 整理収納 専門家 大地震
練馬 リフォーム