先頭へ戻る
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ
アップライフデザイン アップライフデザイン
先頭へ戻る
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ
アップライフデザイン アップライフデザイン

リフォーム・リノベーション練馬 専門家木下ブログ

北海道小樽の家 完成しました


北海道小樽の家。11月19日(月)に完了検査と建物の引渡しが終わりました。建物は一部まだ終わっていない部分がありますが、ほぼ完成です。ウッドデッキ等の外構工事は来年の雪解け以降に持ち越すことにしました。


施主の方の所有するたくさんの本を収納し、楽しい吹抜け空間をつくること。昨年8月から取り組んできた計画が一段落となりました。


来年の雪解け後、外部には畑がつくられます。
晴耕雨読…思い描いていたセカンドライフがスタートします。





階段を上がったところが書斎スペースになっています。窓からは石狩湾が望めます。

2階のゲストルームです。

この住宅は小樽市の長期優良住宅の認定を取得してます。
耐震等級2、断熱等級4の性能を持っています。
まさに厳冬期に室内ではTシャツ一枚で過ごせる家になっています。

気密測定の結果、C値は0.3㎠/㎡。ほとんど隙間のない高気密住宅であることが確認できました。

施主の方は、もともと東京にお住まいで、退職を機に実家のある小樽へ戻る計画を立てていました。東京で設計し北海道で建てる、このプロジェクトは地元の建設会社、丸三ホクシン建設さんに多大なる支援をいただいたからこそ実現できたといえます。本当に感謝しています。
そして、こうしたプロジェクトが実現可能なことを改めて認識することができました。



北海道小樽の家 3


11月6、7日に小樽の家の工事監理に行ってきました。
建物本体は、10月末頃完成するかなと思っていたのですが、
地震、台風、終盤の不安定な天候等により工事が遅れています。

とは言え、外部は完了、足場が解体されました。南側外観です。

アプローチ、ウッドデッキ、塀等の外構工事は来年の雪解け以降にしようという話になっています。
北海道はもう間もなく雪が降りだすのです。

北側外観です。

内部は、塗り壁が始まるところです。吹抜け部分には足場が架かっています。
じつはこの塗り壁のパターン決めが今回北海道に行った大きな目的の一つでした。

階段脇には本棚が並びます。建築主の方の蔵書数はかなりのものでこの棚いっぱいに本が入ります。

2階の書斎スペースにも本棚が。


書斎スペースの二つの窓からは石狩湾を望むことができます。

書斎から吹抜けを見下ろすとこんな感じです。
見上げると

シンボルの丸柱です。

この住宅は、北海道で長期優良住宅の認定を取得します。
北海道の冬でも、内部はとても暖かく過ごせるよう設計をしています。
この経験をこちらでの設計に生かすこと。それが今後の課題です。

建物はもうすぐ完成です。また近々報告いたします。



北海道小樽の家 2


小樽の家、9月24、25日に現場に行ってきました。

外壁の杉板張りが始まり、建物の表情がはっきりとしてきました。杉板張りは2階が縦張り、1階が横張りになります。縦張りは、杉板を目透しに張り、上から押し縁を取り付けます。東側2階はすでに押し縁が取り付けてありました。

内部は付加断熱のグラスウール100㎜を充填し、気密シートを張った状態になっています。これからボードを張っていくところです。



吹抜け部分です。今は足場用に合板を敷いています。

完成が楽しみです。またご報告します。



北海道小樽の家


北海道小樽市桂岡町に現在建設中の家です。設計をさせていただきました。

施工は地元の建設会社さんにお願いしています。

東京と北海道では建物に要求される性能が全く違います。
積雪深、凍結深度、断熱性能等々・・・
設計といっても、地元の建設会社の社長さんを始め皆様にいろいろ教えていただいての結果です。
本当に勉強になりました。
長期優良住宅の認定も取得しましたので、耐震等級2、断熱等性能等級4の性能を満たしています。

これまでの経緯を時系列で。
最初に現場に訪れたのは昨年の12月。平屋の建物が建っていました。現場の積雪の様子が分かります。

今年4月の状況。道路には雪がないのですが、敷地内はご覧の通り。空き家だったので仕方がない。

6月。平屋の解体が終わり、地縄を張っていよいよ着工です。敷地のGL設定で悩みました。

砕石地業、基礎工事。

7月下旬。建方が終わり、屋根工事に入りました。建物はスタイロフォームを用いた外張り断熱です。

 

 

8月上旬。構造用の面材はOSBを用いています。

完成は10月の予定。楽しみです。また経過を報告します。



リフォーム工事のセカンドオピニオン


リフォーム工事を計画されている方へ。
このプランでいいのかな、この見積金額は妥当なのかな、計画途中で、そんな疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
リフォームプランは、計画する人によっていろいろな考え方、方法があります。
特に耐震改修のプラン、方法は、計画する人によって変わるといっても過言ではありません。
他の人の意見も聞いてみたい、そんな時にはぜひアップライフデザインにご相談ください。
メールに図面や写真、見積書等を添付していただけたら無料で相談をお受けします。
弊社の施工可能なエリアは練馬区周辺ですが、相談はどちらからでも構いません。
ぜひお問合せください。



シンプルな暮らし始めてみませんか


耐震改修の仕事をしていると、定年退職されたシニア層の方にお会いすることが多くあります。
そんな時、アップライフデザインの耐震、断熱、整理収納という3つリフォームは、シニア層の暮らし方改善にマッチングしているなとよく感じます。
私は、子育てが終わったシニア層には、ミニマムな暮らし方が一番素敵だなって思っています。
無駄なものを減らし、本当に好きなもの、本当に良いものに囲まれて生活する…そんな暮らし方がいいなって思うのです。
まず安全、そして省エネ、さらに無駄なものを減らす…
家の中全てをリフォームするのが大変ならば、自分の一番好きな場所だけをそんな暮らしができるようにしてみてはいかがでしょうか。
ご相談いただければ、ちょっとしたヒントがつかめるかもしれません。もちろん無料です。



耐震・断熱の改修工事、進行中です


練馬区西大泉で耐震・断熱の改修工事が進行中です。
と言っても、計画のメインは既存の居間、台所、和室を大きなLDKにすることです。
既存の柱が抜けるのかどうか、耐震的にはどうなのか、こういう計画にはそういった検討が不可欠です。
そして、同時に耐震・断熱の改修を行うことが後悔しないリフォームにつながります。

熊本地震の調査以来、間仕切壁に鋼製ブレースを入れるようにしています


外壁側には、断熱材との兼ね合いから木製筋交いを入れています

これから、外壁、天井、床の断熱工事を行っていきます。また報告いたします。



TOTOの工場見学に行ってきました


昨日(3/14)、千葉県茂原市にあるTOTOハイリビングにて、システムキッチンと洗面化粧台の組立工程を見学させていただきました。
主にキッチン、化粧台のキャビネット部分の組立を拝見したのですが、品質にこだわる姿勢に感心しました。
工場内は撮影禁止なので、ショールーム内に展示されているものをいくつか撮影してきました。

見学では、昨年発売されたキッチン、THE CRASSOの商品説明を受けた後、そのキッチンの扉仕様の一つ、熟練工(マイスター)による塗装仕様についてお話を伺いました。


職人の手によって塗装された扉のサンプル。塗装されたものを再度研磨して塗装する。こだわりを感じます。


細かく碁盤目状にカッターを入れ、テープによる剥離試験をします。塗装の密着性を調べています。

その後工場見学に出発。

工場内の撮影は禁止なので、工程はパネルにて紹介。


工場内のショールームにあるキッチン。職人による塗装仕様のものです。THE CRASSOはスリムな
カウンタートップとL型の水栓がデザインのポイントになっています。「ノイズレスデザイン」と呼んでいます。

そのキッチンを使って調理体験。

スパゲティをつくって試食。

最後にレンジフードのこだわりについて説明を受けて見学終了となりました。



1年ぶりの更新です。耐震改修、ホームインスペクションに取り組んでいます


ブログが1年以上止まったままになっていたとは、ビックリです。もちろん、その間も耐震改修、断熱改修、ホームインスペクション等、アップライフな住まいづくりに真面目に取り組んでいました。現場が始まると、そちらにほとんど頭がとられてしまい、ブログのことはどこかに飛んで行ってしまいます。まあ「クライアント・ファースト」ということで…
実は、今年の6月に熊本に地震被害の調査に行ってきました。そのことをブログに書こうと思っていたのですが、それから何と4カ月近くが過ぎてしまいました。
熊本に震度7クラスの地震が2度発生したのは4月14日と16日。私が熊本に調査に行ったのは6月11、12日でした。
今回の地震では2000年以降の築年数の浅い住宅もかなりの被害を受けています。私たちは、地震発生から2ヶ月が経過しているということもあり、単なる地震被害の調査ではなく、その築年数の浅い住宅がどうして壊れてしまったのかを調べに行きました。
その結果、築年数の浅い住宅で被害を受けているものには、共通点がありました。
それは、
①通気金具留め工法の窯業系サイディングの建物で、下地に構造用合板のような面材が張られていない
②耐力要素を木製筋かいに頼っている
ということです。
そのため、筋かいは面外方向にはらみ、座屈しやすい状況になっていたと考えられます。
このことについては、すでに東京都木造住宅耐震診断登録事務所協議会(都耐協)の報告会や練馬区の耐震改修業者講習会においても報告させていただいております。

住まいづくりにおいて耐震は本当に重要なテーマです。ぜひ、ご相談いただければと思います。




一人暮らしの高齢者のための耐震リフォーム

  • 投稿日:2015年9月04日
  • テーマ: 耐震

新たな耐震リフォームがスタートしました。93歳の一人暮らしの方のお住まいです。
家にいる時はほとんど1階の居間と隣接する和室6帖で生活されているとのこと。
地震によって1階が倒壊することないようにという計画です。
工事期間中は、朝、デイサービースに行かれて、夕方、工事が終わるころに帰宅されます。
毎日、帰宅時までに掃除を終えて、帰ったら普通に生活できるように工事を進めています。
現場の施工部隊もやる気スイッチが入っています。




  • アップライフデザイン 練馬 リフォーム リノベーション 快適な住まい 耐震 専門家 大地震 解決 安心 安全
  • アップライフデザイン 練馬 リフォーム リノベーション 快適な住まい 断熱 安心 安全
  • 練馬 リフォーム リノベーション 快適な住まい 整理収納 専門家 大地震